読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web集客導線サポートとパーソナルライティングの女性セールスコピーライターのブログ

Web集客導線サポートとパーソナルライティングで、売上アップを実現するセールスコピーライターのブログ。コーポレートサイト製作・ブログ・SNS、フライヤー等でのコツをお伝えします。

 間違った集客方法

f:id:akemicchi:20151203001643j:plain

 

こんにちは。

先日、近所を買い物中、気付きがあったのでまとめてみました。


多くの個人事業主や商店、飲食店が陥りがちな間違いに遭遇してしまったのです。

 

どういうことか?


治療院の集客でした。

 

 

まるで飲み屋のようにキャッチをしていました。

 

チラシを良く配っています。雇われてると思われる、見習いさんでしょうか?
若い方がしょっちゅう配ってます。

それはいいとしましょう。

先日は、プラス2人いました。

ベテランかオーナーかはわかりません。
でもそんな風貌でした。
威厳ありそうな。
「チラシ配り頑張ってるか?」「お客キャッチしたか?」と様子でも見に来たのでしょうか?
これが治療家新人さんの修業のひとつなんでしょうか?


そして通りすがりに、「今ならすぐできますよ。」と声かけられました。


でも、私は思いました。

絶対あそこの院に施術にいくもんか!と。

なぜだかわかりますか?

暇そうに見えるからです。

いつも店の前に誰かが立って、

「今なら予約あいてますよ~」
「割引券どうぞ~」

それが、3人もいたら?

散らばらずにしかも固まっていたら?


ここは暇なんだろうな、いつも。


そう判断します。

腕が確かで人気の治療院なら、予約なしではなかなか難しいです。


人気の飲食店は行列が出来る。

キャッチなんてしてない。

しつこくキャッチしてくる居酒屋は、味大丈夫?お店流行ってないの?って印象がある。

同じなんですね。



儲かってるふりをしろ、ということではありません。

工夫が必要だと思うのです。


チラシ配りも、効果的にやれば最強のものになるし、いつも新規を獲得するために必死になることなく、お客様(患者様)が来院するでしょう。


治療院・サロン系は、本当にたくさんありますね。

競争がますます激化してるのではないのでしょうか?

でも私の知ってる治療家さん、サロネーゼさん(サロンオーナー)は、みんな競争の渦中にいません。

他にはない、自分だけのものを持っていて、競争せず共存しているからです。

そしてそれをうまく発信できているからです。

うまくいっているところを見習う、学ぶ、プロに相談するのも手かもしれません。

友だち追加